セルライトの原因と除去、対策につき解説します。

セルライトの原因と除去、対策

セルライト 原因 最近よく雑誌で目にするセルライトですが、その原因は血行不良が皮下組織で起こったことによりできます。セルライトを「脂肪」だと思っている人も多いですが、実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで出来る脂肪細胞の変性した状態です。思春期以降の痩せた人から太った人まで、多くの女性に見られます現象です。

当サイトではセルライトができる原因、症状別の対処法について紹介、解説します。

「セルライトの症状と治療、対処法」の新着情報

セルライトが生成しやすい場所とは

男性に比較して女性の太ももは痩せにくいとよくいわれています。女性の太ももが痩せにくい理由は、特に下半身の脂肪細胞の中に、多くこのレセプターが配置されているからです。太ももの脂肪細胞には、脂肪放出レセプターが1つなのに対して、貯蔵レセプターが6つあります。

最近皆さんもよく耳にするセルライトですが、体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られる傾向があるのが、このセルライトなのです。そして脂肪の貯蔵や放出を運営・管理している場所がこのレセプターということになります。このレセプター(受容体)は脂肪細胞の中にあります。脂肪が増えたり減ったりする中心的な役割を果たしているのが、レセプターということになります。

先に太ももの脂肪細胞に、脂肪放出レセプターが1つなのに対して、貯蔵レセプターが6つあるということを説明しました。このことはすなわち、脂肪を放出する出口が1つしかないのに対して、脂肪を貯蔵する出入り口が6倍もあるということにほかならないのです。このために、体の上半身などのほかの部位に比べて、太ももが必然的に痩せにくくなっていることがよく理解いただけたと思います。

以上の説明より、セルライトが太ももなどの下半身に特に生成しやすい部位ということになるのです。一方、この脂肪に対するこれらの機能をみてみると上半身とは全く逆ということになります。上半身は痩せやすく、太りにくいのに対して、下半身は痩せにくく、太りやすいということです。

太もものセルライトができる理由

セルライトは年齢と共に少しずつ増えていく物質ですが、どうしてセルライトが生成すのかはいまだに明確には判明していないというのが現状です。セルライトは血行不良などが発生した場合に脂肪細胞の繊維化がおこって、ホルモンバランスが乱れることで、それが引き金になって発生するといわれています。

このメカニズムから、太ももをやせて細くするためには、セルライトを減少させればいいのでは、という推論が生まれました。では実際にセルライトはどのように見えるのでしょうか?太ももの後ろ側を見た際、肌がいびつにボコボコ部分的にふくらんでいるように見えることがあります。これがやせられない元凶のセルライトです。これがあると足がやせられないです。

誰もがやせたいと思いながらも、なかなか太ももが細くならないと嘆く場合もあるでしょう。このようなケースでは、もしやセルライトが原因ではと疑ってみる必要もあります。その原因のひとつにセルライトがあります。すなわち太ももがむくむ原因を作りだしているということなのです。

このセルライトを何とかしなければやせることは、なかなか成就できないことでしょう。セルライトが生成するとむくみや冷え、太りやすい体質になります。このために、むくみからセルライトができ、この悪循環により、血行不良むくみが起きるようになり、セルライト⇒血行不良という悪循環が引き起こされるというサイクルができあがっていきます。

同様に悪い連鎖がもうひとつあります。それは血流がよくないとリンパの流れも悪くなって、リンパの流れが悪くなることから水分と老廃物が体内に溜まりやすくなります。セルライトはその老廃物と脂肪とがつながって生成することなってしまうのです。

このように、まずなによりもはじめに血行をよくしなければなりません。
そうすることで太ももから美容の大敵ともの言べきセルライトを消滅させることができて、やせることができるのです。

セルライトとは

セルライトの原因は血行不良が皮下組織で起こったことにより発生します。セルライトは、思春期以降におこりますが、ほとんどの女性の太った人から、痩せた人までにみられる現象です。そのために、セルライトは別名妊娠線とも呼ばれています。皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライトです。

セルライトができることで、結果的に体重は増加傾向になります。セルライトの多くは体脂肪の多い人、皮下脂肪の多い下半身部分(太もも、お尻等や、二の腕に出来やすいといいます。セルライトが出来てしまう原因にはいくつかありますが、特に脂肪が急激についたりした場合、例えば胎児の成長などがあると皮下組織内で発生します。

太っていなくても代謝の低下や、血行不良などがあると主な原因となります。このようにセルライトが太ももなどにでき、悩む人は大勢います。

セルライトを「脂肪」だと勘違いしている人も多いと思われます。セルライトは脂肪だと思っていましたが、脂肪ではないことに改めて驚きました。 贅肉のつきやすい、お尻、太もも、二の腕などに出来やすいといってもいいでしょう。

セルライトは実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで発生する、脂肪細胞の変性した状態の事をさします。

セルライトのつきやすい場所はご存知ですか?

最近よく雑誌でも目にすることが多いセルライトですが、女性の体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られる傾向にあります。脂肪の貯蔵や放出をコントロールしている所をレセプターといいます。

女性でもなぜか太ももが痩せにくいという人が多いのですが、それは脂肪細胞の中に、この脂肪の貯蔵や放出をコントロールしているレセプターが、特に下半身に多く集中しているせいといいます。脂肪細胞の中には、このレセプター(受容体)が存在します。脂肪が増えたり減ったりしてレセプターがコントロ^-ルする中心的な役目を行っているのです。

そのために、男性に比べて女性の太ももは痩せにくいというわけです。脂肪の貯蔵や放出をコントロールしているのがレセプターですが、太ももの脂肪細胞には、脂肪放出レセプターが1つなのですが、貯蔵レセプターが6つも存在します。

この理由で、脂肪を放出する窓口が1つしか無いのに比較して、脂肪を貯蔵する窓口が6倍も
あるということを意味します。すなわち、太ももなどの下半身はセルライトができやすい部分なのです。こうして、必然的に太ももの脂肪細胞、つまり太ももは体の上半身などのほかの場所に比較して痩せにくいということがご理解いただけたでしょうか。

逆に、これらの脂肪を形成する貯蔵と放出の機能からみると、下半身とは全く逆なので、上半身は痩せやすく、また太りにくいということになるのです。

セルライトが多くなる理由

太る理由は幾つの要素が複合していますが、その中で最も多いものは「摂取量>排泄量」という
生活習慣が慢性化していることです。けれど、まだ幼いうちから肥満気味な人も少なからずいま
す。

太る理由の一つに「肥満細胞」がありますが、これは大体幼児期までにできあがるそうです。
子どもが喜ぶから、ほしがるからといって、安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品を与え
すぎてはいませんか。

大人になってもやせにくくなります。しかし、逆に3歳までに、そんなに高カロリーな食物を食べていなければ、「肥満細胞」少ないのです。脂肪が燃焼しやくい体質を作っておくことで、太りにくくなることができます。後は、遺伝性の物もあります。やはり自分の両親や、身内に肥満な人が多いと、自分も太りやすい体質の可能性が多いので、注意しなければなりません。

脂肪が増加する要因として、食べるカロリー量より使うカロリー量がずっと多いことがあげられます。使わない脂肪が貯め込まれるのです。現代人の多くは運動不足気味です。それでいて食生活は脂質が多いので余ったエネルギーがよけいなお肉となり、痩せにくい体質を作っています。

素直に自分のありのままを受け入れて、自分らしさを認めることも大事です。今の自分が
一番なんだと開き直ってみると安心し、自分らしくいきいきと輝いて見えるようになると思います。

やせたいと思う理由

左をみても、右をみても痩せたいと思っているひとがたくさんです。実際平均的な体重でまったく
太っていないのにまだまだ痩せたいと思う人が多いのでしょうか。平均的な体重でまったく太って
いないのに、まだまだ痩せたいと思っているひとは多いはずです。

あまりに、美意識を高く持ちすげて、それと比較し自分に自信が無くなって痩せたいと思うからではないでしょうか。例えば女性が恋をしたとき、自分をもっと魅力的に見てほしいと思い、痩せたいという気持ちが芽生えます。

また、年を取るにつれて生活習慣病などにならないために、痩せたいと思っている人もいるでしょ
う。年代・性別関係なく痩せたい理由はそれぞれです。女性だったら、痩せて綺麗に見られたいと
いうことは誰しもあることです。以前に太っていた人がやせると自分に自信がつき、内面からも外
面からも綺麗になった気がします。

自分は他の人に比べて太っていると思い込んでいる人か多いのも事実です。本当は太ってなんかぜんぜんないのにも関わらず。いつも通りの自分以上に無理をすることは、自分に負担をかける事にもなります。そんな人は他のヒトへの要求も高く、ありのままに受け入れることが出来ない傾向があるようです。

自分自身を素直に信頼し、自分の個性を愛してみることも大切です。これが自分なんだと開き直ってみると心にも余裕が生まれ、自分らしくいきいきとして、キレイになれると思うのです。

【セルライトに関する新着情報】

RSS2.0