ネット株で稼ぐ基礎知識について

 ネット株を始める方が増えています。あなたはネット株式取引の知識を多くご存知ですか?このサイトでは各ネット証券会社の特徴やネット株式取引について易しい解説をしております。それぞれの場面で適切な選択にお役立てください。

なお、各証券会社の比較情報についても順次掲載していく予定です。

ネット株で稼ぐ基礎講座の新着情報

インド株に投資する方法

インド株は投資信託やアメリカに上場しているインドの企業の株を購入することでインドへ投資することが可能になります。すなわち現在ではインド株を直接個人が購入することはできません。

しかし、現在は直接投資することはできませんが、将来的には証券会社などを通してインド株も普通にインド企業の株式として、直接購入することができるようになってくると思われます。現時点では、インド企業ごとの個別の銘柄を購入できない状況なのです。

それではどのようにして、インド株に投資できるのでしょうか。アメリカ委託証券は略称がADR【American Depositary Receipt】と呼ばれておりますが、現状ではこのインドの株に投資するのであればアメリカ委託証券を購入するのが最も普通の方法といえます。現在までのところインド株の10銘柄がアメリカ委託証券で取り扱いされていますがり、楽天証券がネットで売買するのであれば有利と判断されます。

10銘柄のうち4銘柄がIT企業で、購入できる銘柄ではIT企業がでやはり目立ちますが、そのほかにも電話や医療、銀行などが名前が見られるようです。

このような強い企業グループが多く入っている中にあれだけのIT企業の名前が入っているのはやはりさすがIT大国と言ったところでしょう。 特に目につくのはやはりインドの財閥タタグループで、国内の商用車のシェアは60%という中核企業であるタタ・モーターズが中でも際立っています。

インド株から目が離せない

インドといえば今はIT大国であることがよく知られています。インド経済はよく言われていることですが、知的集約型産業ということが特徴でしょう。現在は医療分野の発展などが知的集約型の産業と言われる根拠といいます。

インドのコンピュータの技術は非常に目を見張る物があります。また労働賃金が安く、コンピュータ技術を裏付ける高いレベルの高等教育による人材が多いということもまた特徴の1つといえるでしょう。

経済の発展により所得の上昇の伸びが著しく、個人消費はこのままどんどんと伸び続けているということがよくご理解いただけるかと思います。また、若年層が多いことも個人消費の拡大が期待できる所以です。

個人消費の伸びもまたよく特徴として指摘されていることです。すなわち、人口の増加により2006年で人口がなんと11億人に到達すると推定されており、2050年には今の中国を追い越して人口が14億に達するとみられています。

しかしながら、不安定要素として、インド国内のインフラ設備が不十分であるという指摘も多くあり、公共交通機関の遅延なども日常的に多発しております。そういう意味で、今後まだまだ発展の可能性のある将来有望な国としても大きく期待されて見られています。

2004年に日本ではインド株式投資信託が設立されました。今では10程度のインド株式投資信託があるようですが、商品数も今後どんどんと伸びていくことでしょう。

フィード