ニキビの原因について

にきび 原因 治療

 ニキビでお悩みの方が多いです。あなたはニキビの知識を多くご存知ですか?このサイトではニキビの原因や治療法について易しい解説をしております。それぞれの場面で適切な選択にお役立てください。

なお、ニキビの最新情報についても順次掲載していく予定です。

ニキビの原因と治療の新着情報

ニキビの原因と睡眠時間には因果関係がある

ニキビと睡眠時間には因果関係があります。ニキビにお悩みの方には、覚えがあるかもしれませんが、だいたい毎日8時間以上寝ているという人はほとんどいないようです。1日8時間というのは難しいとしても、睡眠をせめて5-6時問程度はとりたいものですね。加えて眠りのリズムを一定に保つことも重要でしょう。

仕事で帰宅するのが遅い、インターネットやDVDを楽しんだり。睡眠不足、あるいは腫眠のリズムが崩れているのは、背中ニキビを誘発します。最近では現代人は仕事やステレスの影響もありますが、夜ふかし傾向がはっきり現れています。

睡眠不足は、ダメージの修復が十分になされずに、皮膚のターンオーバーのリズムを乱してしまいます。睡眠の間は副交感神経が優位になっていますが、その間に皮膚は昼間にたまったダメージを修復します。しかし、睡眠不測だと肌細胞の働きが活発にならず、新しい皮膚が生み出されにくくなるのです。

睡眠に入る時刻がバラバラだと体は混乱しますので、ターンオバーのリズムをやはり乱してしまいます。また古い角質がはがれにくくなり、毛穴の詰まりの原囚になります。未熟な細胞がそのまま新しい表皮となりますので、角質屑が健康な形で形成されないのです。

決まった時問には、睡眠に入れるように努めましょう。

ニキビの原因と活性酸素の影響

カレー、スパイスの効いたエスニックフードやコーヒーなどは、皮服分泌を過剰にする場合もありますので、避けたほうが無難です。さらにこれらの刺激のある食品はニキビの炎症も悪化させる恐れもあります。

また先に述べたレトルト食品やお菓子類などには添加物の多く含まれています。添加物が多く含むものは、体の中で活性酸素を多く発生させますのニキビの原因になります。赤ニキビに悩む方は活性酸素は炎症を悪化させる要因になります。レトルト食品やお菓子類などは、なるべく避けるようにしましょう。

多忙な方が多い現代社会では朝昼晩と3食をバランスよく食べることが大切ですが、これも時間がとれないなどとても難しいのが現状です。ニキビでお悩みの方もにも多忙のため食事の時問が不規則になりがちとか、夕食はコンビニの食品が多いとるという方が多いようです。

活性酸素を増やすものとしてはそのほかに運動後に脂っこい食事をすることがあげられます。さらに食事の後に喫煙をした場合には、過酸化脂質や活性酸素を大量に発生させることにつなります。そのため、肌の老化が促進させるとともにニキビも悪化しますので注意が必要です。

最近、活性酸素が肌に与えるダメージについて、いろいろ注目されています。活性酸素とは、他の細胞を酸化させてしまう、ラジカルな酸素分子をいいます。ラジカルな酸素分子と結合することで、サビて酸化してしまうのです。

酸素分子では、酸素原子のまわりを16個のプラス電子がとり巻いています。活性酸素ではこのプラス電子が1つ欠けた不安定な状態となっています。

活性酸素の不安定な酸素分子は他の原子から電子を奪うことで、自分は安定な状態に戻ろうとします。電子を奪われた相千の細胞は、逆に不安定な状態となり死んでいくことになります。活性酸素が、シワなど老化の原因となりますが、このメカニズムが関与しています。活性酸素はこうしてコラーゲンやエラスチンにダメージを与えているのです。

活性酸素が過剰に存在する場合よけいに炎症を悪化させて、まわりの細胞まで破壊することがあります。炎症を起こした背中ニキビの場合、ニキビ跡として残る可能牲も高いといえます。その患部には炎症の原因菌を殺す活性酸素が大量に集まっています。

活性酸素は実は肌にとって必要な場合もあります。細菌が体外から進入した場合、白血球は菌を殺そうとして活性酸素を多量に放出します。同じく活惟酸素は炎症がおきた場合も、炎症の原因菌を殺そうとします。

しかし活性酸素があまりに多量に存在した場合、本来殺すべき菌だけでなく、周囲の細胞まで壊してしまいます。こうなると皮膚の細胞も破壊されてしまいます。

ニキビの原因に食生活は関係する

にきび 原因 治療

これまでニキビの生成は過剰な皮脂の分泌と毛穴の詰まりにあることが原因ということが把握できたと思います。それでは、もっと細かく皮脂の過剰の分泌などがどういうメカニズムで生じるのか探ってみましょう。

1)ニキビのできる原因に食生活。習慣は関係する?
皆さんでアーモンドなどのナッツ類やチョコレートを食べすぎたりすると、とたんに背中ニキビができてしまったという経験もおありでしょう。このように、背中ニキビのひどい人はこの食品を食べたらニキビが悪化するという経験のある食べものは、避けるようにするほうがいいでしょう。食べる際、その量は加減するように気をつけましょう。チョコレートやケーキなどの糖分を多く含むものや食肉、ナッツ類など脂肪を多く含むものも食べないほうが無難でしょう。

高校生や大学生でも、コンビニなどで手軽にから揚げやお巣子を食事代わりにしている人も多いでしょう。しかしこのような食習慣はいつか成人してから背中ニキビとして体に負担がかかる危険性があることを認識しておくべきです。

どうしても時間がとりにくいという人でもそういう食品を利用する場合には、カツプ麺や既製のレトルト食品を選ばずに、野菜のおひたしなどをー品入れるとかちょっとした工夫で食品バランスをよくすることがも「大切です。朝食が食べる時間がない場合も野菜ジュースを飲むとかでも背中ニキビが軽減できるともいえます。

脂肪分、油分が豊富に含まれる食品を口にすると、皮脂が過剰に分泌することは避けられませんので、皮脂の分泌は、食生活と密接に関係しているといわざるをえませんね。しかしながらその詳しいメカニズムまではまだわかっていません。以下に背中ニキビによい食品と悪い食品の例をあげておきますので、ご参照に願います。

【ニキビによいもの】
野菜、果物、アセロラドリンク、アミノ酸入りドリンク、ヨーグルト、豚肉。
ゴマ、大豆類(豆腐、豆乳、納豆)

【ニキビに悪いもの】
レトルト食品、コーヒー、カレー、ナッツ類、スパイス系、お酒類
チョコレート、スナック菓子

ニキビの多くの原因は毛穴の詰まりです。

ニキビ・吹き出ものを鏡で見るたび、ついため息が出てくることはありませんか?ニキビは思春期から20歳代の男女の顔、体、胸、背中などによくできる毛穴の炎症のことをいい、その多くの原因は毛穴の詰まりです。

【原因】
人間の毛穴には、脂腺が付随しています。ところが、人によって程度の違いはありますが思春期になると男性ホルモンの影響で、脂腺が刺激されて大きくなります。その後、この毛穴が脂肪や角質でふさがれてしまうと、そこに細菌が繁殖して炎症を起こすのがニキビです。

【症状】
毛穴がつまると黒い点(脂肪の塊で面ぽうという)ができてきます。そこに細菌が侵入して繁殖すると、炎症が起こる場合があります。すると、赤く小さいボツボツ(丘疹)になったり、中に黄色いうみをもった膿ほう(のうほう)ができます。これらの症状は人によって便秘や月経との関係で、悪化するケースもありますので注意しましょう。

【治療】
ニキビができても指でさわったリ、押したりするのは禁物です。治療は洗顔が中心となって行います。洗顔後はよくすすいで石けん分を残さないように注意します。洗顔はこまめに行い、ぬるま湯とふつうの右けんを使います。毛穴をふさぐ恐れのあるファンデーションなどの化粧品はなるべく使わないようにします。

最近では毛穴の入り口の通りをよくする最先端の医薬品を使用することで、つらい繰り返しも予防できるようになってきてます。またビタミンCの抗酸化力を生かすと、さらに効果も上がってきます。ポイントさえ押さえれば、家庭でのケアでもきれいに治すことも可能です。

ニキビの予防のためにも不規則な生活、睡眠不足、過労などもよくありませんので気をつけましょう。また油っこい食品、チョコレート、ナッツ類、コーヒーなどもニキビにはよくありません。また便秘予防のために、野菜や果物など食物繊維の豊富なものも多く食べるようにしましょう。

【その他】
ニキビに似たような症状で、中年以降の女性のあごから首にでてくるものがありますが、これはニキビではありません。面ぽうがないのでにきびと区別ができます。多くの場合、化粧品のトラブルが原因によってこれはおきます。

【ニキビに関する新着情報】
フィード