お歳暮を贈るときの上手な贈り方を指南します。百貨店の人気お歳暮ギフトや味わい豊かなこだわりの味を全国宅配受付中!!

お歳暮もらった感想

スポンサードリンク

お歳暮でもらったギフトの熟年世代の感想と本音

熟年世代の皆さんからのもらってうれしかったお歳暮の感想と本音をこのコーナーでご紹介しましょう。ただし、最近肝臓の調子がイマイチという人にお酒をお歳暮で贈ったりしないように注意しましょうね。

贈る人の状況も事前に調査しておきましょうね。この中から、皆さんがこれからお歳暮を贈りたい商品のきっかけでも見つけてもらえれば幸いです。

1)カニ缶詰

カニの缶詰って年末、年始のおせち料理のつけあわせにつかえないかということでいただくことも多いでしょう。年末、年始になかなか、カニを使ったメニューを考える人も少ないかもしれませんが、主婦歴の長い年配の主婦は逆にこういうメニューも思いつきます。

メニューとしては、サラダ、チャーハン、ビールのおつまみetc.使い道がいろいろ考えられますし、その奥行きのメニューも広くなります。加えてありきたりのおかずにカニが加わることでちょっと豪華な印象を与えることもできます。皆さんもカニのメニューもいかがでしょう。

自分ではなかなかカニ缶なんて手をださないという人もちょっと考えが変わってきませんか?

さすが経験豊富な主婦は発想がなかなかいいと思いませんか?
『カニ缶を使ったおかず』というレシピを皆さんもちょっと拝借してみませんか?

⇒アイデアは高山さん(66歳・女性)


2)かつお節

皆さんでかつお節をもらって『うれしい~』と思った人はどのくらいいるでしょうか?
でもこういう人たちはまだまだかつお節の価値がほんとうにわかっていません。

かつお節の字の起源を知っている人は、今どきとても少ないのではないでしょうか?かつお節ば、結納の品としてよく入っている地域も多いのをご存知ですか?かつお節の当て字はどう書くかというと「勝雄武士」ということ、何とも縁起がよさそうに感じませんか?

実は昔から贈答品としてとても大事にされていたのでした。

このかつお節は高級なものはとても高価ですのよ。かつお節の産地の鹿児島の枕崎などで厳選されたかつお節は1本何万円もするものがあります。

「料亭などで使うかつお節とかコンブとかのダシの材料って、高価なものを使用しています。年末からお正月にかけておせちやお雑煮でいいダシを出そうと思うと、いいかつお節が必需品です。そう考えるとかつお節をお歳暮でいただくということは決して悪くないでしょう?」

それに、かつお節って、縁起もいいし、お正月にピッタリでしょう?

⇒アイデアは田中さん(45歳・女性)からでした。


3)高級なフルーツ

5千円以上もする高級なフルーツは、自分では普段なかなか買う機会はありませんよね。なぜなら自分で買う場合のフルーツは、300~600円のものを果物屋などで買うのが普通ですから。

そんな高級なメロンをお歳暮でいただいたことがあります。桐の木箱に入ったいかにも高級な雰囲気の品をいただいた感動はなかなか印象に残るもの。箱を開けるとあの芳醇な香りは今でも覚えていますね」。

贈答用フルーツの価値はいただいたことのある人しかわかりません。味の美味しさは語るに及ばず、香りと色やその形の気品は最高です。さらに栄養素やビタミンも豊富ですので、食べて体調にも好影響を与えてくれます。

ここまで考えられると年配者に贈るお歳暮をお菓子からフルーツに変更する人も、結構多いのではないでしょうか?

⇒感想は鈴木さん(56歳・主婦)からでした。


4)ビール

ビールをもらってうれしい~と思う人は意外と多いんですよ。
あまりにあたりまえすぎる回答でがっかりしました?

ビールって年末やお正月に飲む機会も多く、そのとき飲まなくても保存することができるでしょう。夫婦でも夕食のときに軽く一杯飲むことはあります。また突然の来客にもビールとおつまみを出すことでうまく取り繕うことも簡単です。

どの家庭でも冷蔵庫に常に3~4本くらいは冷やしておくでしょうし、もし在庫が切れかけているときなんかにお歳暮でビールが届くと『ラッキー!』とおもうこともたびたびです。

あまり保存の効かない食品よりも、「ビール」をいただくほうがとてもありがたいものです。いろいろ転用もできるし・・・。「いただいても、食べなかったり飲まなかったりする食品は多々ありますが、飲まないことがないのはビールだけ。そう考えるとビールってとても重宝なお歳暮の商品ですね。

⇒感想は山本さん(48歳・主婦)からでした。


5)コーヒー・紅茶

毎年食品会社やデパートなどのお歳暮調査で「もらってうれしい品」として上位に番付けされる「永遠の定番商品」といえば、ビールとともにこの【コーヒー・紅茶】があります。な~んだと当たり前すぎる回答にがっかりする方も多いでしょう。

コーヒー好きという人は世の中結構多いもの。毎朝サイフォンでゆっくり煎れた一杯を飲むのが日課で楽しみにしているという人もたくさんいるはずです。

そういう私もコーヒー大好き人間。息子の嫁もそれを知っていて、毎年ブラジルのおいしい豆をデパートで選んで、お歳暮として贈ってくれます。やはり「もらってうれしい品物は毎日使うような、日用品」なんですよね、改めて思いなおしました。

⇒感想は山本さん(52歳・主婦)からでした。


【2012年 高島屋のお歳暮予約受付中!!12月24日まで】
2011高島屋のお歳暮 >>> ◆2012年高島屋オンライン限定老舗の味こだわりの贈りもの詳細はこちら
>>> ◆2012年高島屋47都道府県ご当地ギフトの詳細はこちら
>>> ◆大丸のお歳暮2011の詳しくはこちら
>>> ◆三越のお歳暮2012の詳しくはこちら
>>> ◆伊勢丹のお歳暮2012の詳しくはこちら
>>> ★楽天市場2012の人気のお歳暮特集はこちら

スポンサードリンク

Page: 1

RSS2.0